BEAT SØUL-Beat Rock Cover Band

3/25 BEAT SØUL 7thLIVE -ALL COMPLEX COVERED-『東京一心』
多数の方々のご来場を頂きまして、誠にありがとうございました。

BEAT SØULとしては、初のコンセプトLIVEということもあって
今までにない緊張感の中、非常に充実したLIVEが出来ました。
それもこれも、皆様のご声援の賜物だと思っております^^

日曜日開催だったもので、まだきちんと映像を確認してませんが
とりあえず覚えてる限りののレポをw

当日は11:00よりスタジオ入り。
とりあえず急遽加えた(戻した?)「1990」を合わせ、
正式にセトリに加える事を確認。
その後、個別に問題があった曲をちょこっと確認した後ゲネプロ。
これであっという間に2時間終了。

慌しく神田から平井へ移動し、ライブハウス入り。
今回はこちらがお願いした以上に、たっぷりリハ時間を
取ってもらったので、念入りに中音のバランスを調整しながら
2曲ほど通し。
更に演出部分なども確認してもらって、前回と違い概ね納得のいく
リハーサルが出来ました。
それでも本番では中音のバランス変っちゃうんだから難しいよね。

リハ後はかなり長い空き時間があったのですが、結構あっという間。
緊張の度を越えた(w)新ベーシストのてつやをいじったりしつつ
みなさまをお出迎えしていると、かなり時間が巻いてるw
今回は初LIVEとかのバンドも多くて、どこもみんな巻いてましたね。
直前のバンドなんか3曲か4曲しかなかったんじゃないかな?
「では最後曲です」の後に巻き起こった、かなり大きな
「え~~~~!?」はウチのメンバーの魂の叫びでしたw

とにかくゆっくりセッティングして時間引っ張ろうということで
のんびりとセッティング。
Bicくんに至っては、ステージに上がる気配すらないw
それでも無常なもので19:26、予定より4分早くスタートしました。
んな感じでセットリスト。

SE)ワルキューレの騎行

  今回のLIVEは最初から東京ドームの再現を狙ったものじゃなくて
  曲をチョイスしていく中で「だったらドーム通りでいっちゃおうか?」
  って感じで進んでいったのね。
  だから、ある程度セトリが固まってきた段階で、SEはこれに
  すべきだろうと。
  だとしたら、映像もきちんと作って、見に来てくれた人たちに
  ちゃんと「BEAT SØULとしての決意」を伝えるべきだろうと。
  なので、結構気合入れてつくったのよ。

1)BE MY BABY

  実は俺的には一番苦手で、一番下手くそな曲。
  とにかく気をつけたのは「力を入れすぎない」ということ。
  声を太くしようとしすぎると絶対に失敗するので、どちらかというと
  軽めにやや高音域の方に振っていく感じで。
  ホントは幕が開いた時に心ちゃんと向き合ってる想定だったんだけど
  Arutobenri、幕がなくなってましたwww

2)PRETTY DOLL

  今回はMCも要所はちょっとなぞろうと思っていたので、
  次に何が来るかはわかりやすかったはず。
  これは出だしの「わかっ~~ちゃい~ないね~~」のところさえ
  失敗しなければ後は流れでいけるので、そこだけ気をつけました。

3)CRASH COMPLEXION

  BEAT SØUL初演奏曲ですね。プリティ唄い終わって良い感じにノドも
  開いてきたので、これはカッコよく出来たんじゃないかなと思う。
  LIVEで唄ったのは1991年以来でしたw

4)NO MORE LIES

  今回の中では自分的に一番しっくり来る曲。
  練習でも全体的な安定感は一番だったんじゃないかなぁ。
  最後、心ちゃんとのハモリで「NO MORE LIES!」で締めるところは
  かなりカッコよかったんだけど、本番では8小節早く曲が終了してしまい
  出来ませんでした。こういうところが本番の怖さなのよね。

5)LOVE CHARADE

  これも安定してたと思われ。前に演ったのは3rdLIVEだったかな?
  そのときの大塚WelcomeBackのライブレポでもベストプレーに
  上がってたし、元々のポテンシャルは高かった曲だと思います。
  今回シーケンスを若干足したり引いたりしていたので、りかは苦労
  してたみたいですけど。
  心ちゃんの歌が聴けるのも、ラブシャレならでは^^

6)二人のAnother Twilight

  前回のLIVEから続いてのセトリ入り。心ちゃんの前奏部分は前回以上に
  良くなってた様に思います。
  全体的なまとまりもかなり良かったかと。
  りかのコーラス部がもうちょっと大きければもっと良かったのにな。

7)PROPAGANDA

  ここから後半。
  なんで、他もコピバンやカバーバンドがこの曲を演らないのか良くわかるでしょ?
  とにかくものすごく難しい^^;練習すればするほどわからなくなるみたいな。
  だからこそ、ウチはやるべきだと思っておりましたw
  常にチャレンジしていく事こそがBEAT SØULの土台となっているのです。

8)IMAGINE HEROES

  BEAT SØULの定番曲と化している感もありますが、毎回違ったアレンジで
  楽しめます^^
  ギターソロからサビにいくところで背中合わせの心ちゃんにマイク向けたら
  顔に当てちゃいました。。。ゴメンネ。。。

9)恋をとめないで

  これもビーマイに続く俺のど下手曲。「普通に普通に・・・」と自分に言い聞かせながらw
  定番曲だし、これを入れるのがコンプらしいっちゃぁらしいのと、後半の
  盛り上がりどころには必要な曲なので、ここは頑張って精進したいと思いますw

10)MAJESTIC BABY

  2ndLIVE以来かな?MAJESTICは3連譜のリズムにどう自分の声を乗せていくかが
  勝負なので、歯切れ良くかつキメどこはしっかりはっきりと言う事を念頭において
  唄っております。
  これは20年前から、全く変らぬパフォーマンスを維持できていると思いますw

11)1990

  実は最後に追加したのはこれです。去年の夏にALL COMPのライブを計画した時には
  1曲目でした。今回作っていく中で、最終系がこの形になって、となると主旨を考えたら
  これは外すわけにはいかないよな。っていう事をスタジオで休憩中に考えている時に
  心ちゃんからも同じように話があって、スタジオ戻ってみんなに「ゴメン。やる。」って。
  しかも今までBEAT SØULでは原曲キーでやってたんだけど、今回はLIVEと同様の
  半音下げで。バタバタしちゃったけど、これがなかったら締まらないLIVEだったかも。

12)AFTER THE RAIN

  この曲はやっぱり歌詞の一言一言を噛み締めながら唄わないといけないって思うんだ。
  今、つらい立場にいるすべての人へ。そして自分自身にも。
  あきらめちゃいけない。雨はかならず上がる。って。
  上手いとか下手とかではなく、その辺の感情が伝わっていたらいいなって思いました。

以上12曲。
当然、全ての曲を演るのは無理な以上、何かの曲を外さなくてはいけないわけで。
そうなると、全ての人に納得してもらう構成はなかなか難しいので、どうしても
最大公約数的な感じにはなってしまうかと思いますが、ウチらしさも随所に出ていたかと
思っております。
あまり重くなりすぎないように、MCもいつもより多めにしました。
相変わらず喋りはダメだけどw
「クララが立った!」に匹敵するくらいの「りかが喋った!」みたいなサプライズもあって
その辺も今までのBEAT SØULとは違う感じに出来たかなとは思います。

常々、ウチは「コピーバンドではなくカバーバンド、なりきりや物まねに興味はない」と
言い続けておりますが、今回は少し「再現性」的な部分にもこだわらせて頂きました。
それも、そうすることで見てくれる人たちが楽しんでくれて、少しでも復興の足しになる
寄付金を届ける事が出来ればという信念に基づくところでありました。
MCでも話したように、COMPLEXで集めたお金だからCOMPLEX基金に預かっていただくのが
本筋だと思っております。
ただ、色々複雑な部分ではあるので、外部には門戸を開いてはいないようで。
もうすこし、調べたり聞いてみたりして方策を探っていきたいと思います。

寄付金総額は21,100円でした。
ここに自分のお金を少し加えた上で、責任を持って届けたいと思います。
ご協力を頂いた皆様、本当にありがとうございました。


前後の投稿:

|

【Tag cloud】

  • 【Comments】

    コメントをどうぞ♪


    各SNSのアカウントを利用してコメントを残すことができます。
    google+ではSNSへもコメントが反映されます。
    Disqus、wordpressでは画像も投稿できます。


    Loading Facebook Comments ...
    Loading Disqus Comments ...

    コメントする